健康経営宣言

関電不動産開発が、「お客さまの満足」を実現し「豊かな社会の発展」に貢献していくためには、 事業活動の源泉であるすべての従業員が心身ともに健康であり続ける必要があります。

健康の保持増進や安心安全で良好な職場環境づくりといったこれまでの取り組みに加え、 ワークライフバランスの推進と働き方の多様化に向けた取り組みを加速し、健康経営を実践して いくための土台づくりを進めます。

加えて、個々の活力、熱意、やりがいを高めていくことが、私たちの使命達成に不可欠であるとの 強い思いを持ち、従業員一人ひとりがその実力を最大限発揮できるよう健康経営を積極的に 推進します。

代表取締役社長

組織図

組織図

当社の健康経営の目指す姿

関電不動産開発の使命

安心で快適な住まいやビジネス空間の
創造と活力あふれる街創りを通じて、
お客さまの満足豊かな社会の発展
目指し、ともに進みます。

健康経営の目指す姿

従業員一人ひとりが実力を最大限発揮 持続的な従業員の心身両面の健康 これまで・現在・今後の取り組み
「健康経営優良法人2021」に認定されました

健康経営優良法人認定制度は、経済産業省が健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」し、社会的評価を得られるよう推進している制度です。
地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰しています。

健康経営優良法人

当社の取組みについて

1.健康の保持・増進

従業員の健康保持・増進のため、専門スタッフを配置し、疾病予防と徹底したアフターフォローに注力するほか、健康習慣定着のための様々な施策を推進しています。

  • 法定健診項目を上回る定期健康診断
  • 産業医、健康相談員によるヘルスケア健康相談
  • インフルエンザ等感染症予防対策
  • 生活習慣病予防セミナー
  • フィットネスクラブ利用補助

2.安心安全で良好な職場環境

労働時間を適正に管理し、過重労働の防止に取り組むとともに、メンタルヘルス研修および健康相談などを定期的に開催し、従業員の心と体の健康をサポートしています。

  • 適正な労働時間管理の徹底(日々の勤務状況の適切な把握、入退館記録・パソコン使用時間の把握)
  • 残業停止措置や勤務間インターバル(12時間)の確保などによる過重労働の防止
  • ストレスチェック・疲労度チェック結果に基づく産業医・健康相談員による面談指導
  • 専門医によるメンタルヘルス研修や健康相談
ストレスチェック(2019年度実績)
受検率 98%
勤務間インターバル12時間 (2019年度実績)
インターバル確保率 97.1%

※勤務間インターバルとは、1日の勤務終了後、翌日の出社までの間に、一定時間以上の休息時間(インターバル)を確保する仕組みのこと。

3.働き方の多様化・ワークライフバランスの推進

働き方の多様化・ワークライフバランスの推進のための様々な人事制度を通じて、ファミリーサポート・地域活動・自己啓発などに必要な時間の拡充を図り、仕事とプライベートの両立を応援します。

  • ノー残業デーの設定
  • 年次有給休暇の取得推進
  • 1週間以上の連続休暇の取得推進
  • スライドワーク、シフトワークなど柔軟な勤務制度
  • 育児関連施策の拡充
  • カフェテリアプラン
実績平均法定外労働時間
平均法定外労働時間
実績平均年次有給休暇取得日数
平均年次有給休暇取得日数

育児休業取得状況

実績本人出産に伴う取得
本人出産に伴う取得
実績配偶者出産に伴う取得
配偶者出産に伴う取得

4.ワーク・エンゲイジメントの向上

「自分のいきかた、自分がきめる」というテーマを定め、自分のキャリア形成や働きかたも含め、自身で発意し判断し行動していくことのできる環境づくりを目指しています。

  • キャリア形成・配置等に関する自己申告制度
  • 公的資格取得支援(学習・受験費用の一部負担および奨励金・祝金)
  • 海外事業へのチャレンジ機会創出とグローバル人材養成コース
  • コミュニケーションシート
  • 希望者への社外ビジネススクール通学支援
  • ビジネスカジュアルの推進
グローバル人材養成コースの様子

グローバル人材養成コースの様子

ビジネスカジュアルの様子

ビジネスカジュアルの様子

従業員一人ひとりが活力や熱意、やりがいを感じながら働けるよう、モチベーション向上に向けた取組みや、社内コミュニケーションの活性化等を積極的に推進しています。

  • 各種プロジェクトへの若手社員参画
  • 全社親睦行事(KANFU FESTA)
  • 健康経営度調査
  • 経営層とのコミュニケーション機会
  • 従業員意識調査
若手社員が中心となって取り組むブランディング会議の様子

若手社員が中心となって取り組むブランディング会議の様子

KANFU FESTA

KANFU FESTA

〈従業員におけるワーク・エンゲイジメントに関するデータ〉

  • ユトレヒト・ワーク・エンゲイジメント尺度
    【概要】“従業員の仕事に対する熱意”を計る尺度としてオランダ・ユトレヒト大学のシャウフェリ教授が作成したもの。
● 従業員のワーク・エンゲージメントの状態(従業員の仕事に対する熱意)の高低を数値化 日本人平均 当社平均
活力(3項目:仕事から活力を得て活き活きしている) 2.8 3.1
熱意(3項目:仕事に誇り(やりがい)を感じている) 3.1 3.6
没頭(3項目:仕事に熱心に取り組んでいる) 2.6 3.0

【出典】
ユトレヒト・ワーク・エンゲイジメント尺度日本語版(UWES-J)の信頼性・妥当性の検討
島津明人・小杉正太郎・鈴木綾子・梨和ひとみ・加登朝子・平賀光美・入交洋彦・北岡和代
(2007) 産業衛生学雑誌臨時増刊号, 49, 777

  • 従業員意識調査
    【概要】“職場や仕事、会社に関する従業員の意識”を計る尺度として実施したもの。
● 従業員が感じる意識状態の高低を数値化 好意的回答
あなたは、職場メンバーが仕事で良い結果を出した時は、ほめたり、ねぎらったりしている 87%
あなたの職場では、皆が自身の仕事に対する知識や技能を、さらに高めようとしている 81%
あなたは、当社で働いていることを誇りに思っている 85%