サステナビリティ(ESG)

Sustainability

E 環境

事業活動における環境負荷の低減に努め、
オール電化物件の供給を通じ循環型社会の構築に貢献します

関連するSDGs

エネルギーをみんなにそしてクリーンに 産業と技術革新の基盤をつくろう 住み続けられるまちづくり つくる責任つかう責任 機構変動に具体的な対策を

ゼロカーボンへの取組み

関電不動産開発は
持続可能な未来を目指し
2050年ゼロカーボンに貢献します

※ゼロカーボン:二酸化炭素をはじめとする温室効果ガス排出量の合計を実質的にゼロにすることを指し、本サイトにおいて同様です。

関電不動産開発の3つの役割

2050年持続可能なゼロカーボン社会

ゼロカーボン社会
  • 再生可能エネルギーの普及・拡大
  • 水素等次世代エネルギーの事業モデル確立 など

関電不動産開発のゼロカーボンへの取組み

関電不動産開発のゼロカーボンへの取組み

エネルギー使用量の低減

ZEHを積極的に推進

  • 新規に開発する住宅は、オール電化・EV充電対応に加え、ZEHを積極的に推進していきます。

    ※ZEH:ZEH(ZEH-M) Oriented基準以上の省エネルギー性能を有する水準を表します。

  • 2030年度以降、新規に開発する住宅は、ZEHを標準仕様にします。

    ※他社との共同事業など一部の物件を除きます。

ZEH-M Oriented 認証取得
シエリアタワー大阪堀江

オール電化で国内初
「超高層ZEH-M実証事業」に
採択されました。

※2022年1月31日時点の
公表情報に基づきます。

シエリアタワー大阪堀江(大阪市西区)

ZEH-M Oriented 認証取得
シエリアタワー大阪堀江

断熱性能などの向上・
高効率設備等の導入により、
大幅な省エネルギーを
実現しました。

シエリア靭本町(大阪市西区)

シエリアの「ZEH-M Oriented」とは、
地球の未来を考えた、
高度な省エネ設備を備えたマンション
Low-E複層ガラス
優れた断熱性能により
少ないエネルギーで快適な空間を実現
高効率エアコン
少ないエネルギーで室温を
調整できる
高効率換気システム
健やかな空気で
暮らしを包む
保温浴槽
優れた保温性脳で
エネルギー使用量を抑える
断熱材
外気温の影響を受けにくく
冷暖房の使用量を抑える
LED照明
長寿命で環境負荷の少ない
クリーンな照明
節水トイレ
水道使用量を抑える
エコキュート
電力と空気熱でお湯を沸かすことで
CO2削除にも貢献する
IHクッキングヒーター
CO2を排出せず
環境にやさしい調理機器※ゼロカーボン電気を利用された場合。
人感センサーライト
消し忘れを防ぎ、必要なときだけ
ONにすることで省エネを実現
高圧一括受電
高圧電力のマンション一括契約に
より電機料金をおトクに

※一部の物件を除きます。

心地よく暮らすことが、
人と地球と未来へのやさしさに

「ZEH-M Oriented」は、断熱性能を大幅に高め、高効率設備の導入により、快適な室内環境を保ちつつ大幅な省エネを実現する次世代基準マンションのこと。
マンション自体の断熱性を高めることで、冷暖房などの消費エネルギーを抑えながら、一年を通じて心地よい住空間を実現することをめざしています。

ZEBを積極的に推進

  • 新規に開発するオフィスビルや商業施設などにおいては、オール電化・EV充電対応に加え、 ZEBを積極的に推進していきます。

    ※ZEB:ZEB Oriented基準以上の省エネルギー性能を有する水準を表します。

  • 2030年度以降、新規に開発するオフィスビルや商業施設などは、ZEBを標準仕様にします。

    ※他社との共同事業や小規模物件など一部の物件を除きます。

ZEB Ready 認証取得
ZEB
空調AI制御の試行

ZEB Readyの省エネ性能(年間一次エネルギー消費量を50%以上削減)に加え、更なる省エネへの取組みとして、「ビルの監視情報や気象データに基づく空調AI制御」の試行を計画しています。

省エネ性能の向上

  • 計画的なリニューアルにより高効率機器への入替を推進します。

    • オフィスビルの照明をLED化します。
    • オフィスビル空調更新時にトップランナー方式の機器を採用します。
  • グリーンリースを推進します。

オフィスビル照明をLED化
更新前

クリエイト神戸(神戸市中央区)

更新前

更新前

更新後

更新後

築22年の既存オフィスビル照明をLEDに更新することで、照明によるエネルギー使用量を約50%削減しました。

オフィスビル空調をトップランナー方式の機器に更新
更新前

新京都センタービル(京都市下京区)

更新前

更新前

更新後

更新後

築41年の既存オフィスビル空調をトップランナー方式の機器に更新することで、空調によるエネルギー使用量を約60%削減しました。

グリーンリースとは

オーナーとテナントが協働し、不動産の省エネなどの環境負荷の低減や執務環境の改善について契約や覚書等によって自主的に取り決め、その取り決めを実践することを言います。

グリーンリース

解説:国土交通省「グリーンリース・リーフレット」より引用 https://www.mlit.go.jp/common/001206910.pdf

創エネへの取組み

太陽光発電設備の設置を推進

  • 関西電力の太陽光オンサイトサービスの活用や賃貸設備としての太陽光発電設備設置をお客さまにご提案します。
  • 新規開発物件への太陽光発電設備設置を推進します。
関西電力の太陽光オンサイトサービス
太陽光オンサイトサービス
新規開発物件の屋上に太陽光パネルを設置
ハイアットプレイス京都

ハイアットプレイス京都(京都市中京区)

シエリア京都嵯峨嵐山

シエリア京都嵯峨嵐山(京都市右京区)

関電不動産高岳ビル

関電不動産高岳ビル(名古屋市東区)

未利用エネルギーの活用

物件の特性に応じ未利用エネルギーを積極的に活用します。

未利用エネルギーとは

外気温との温度差がある河川や下水、ビルや工場からの冷暖房排熱、などの有効に活用できるが利用されていないエネルギーの総称のことを言います。

関電ビルディングの事例 
河川水の温度差エネルギーを100%活用した地域熱供給システム

中之島の南北を流れる堂島川と土佐堀川。この中之島という立地の特性を活かし、堂島川から取水し熱利用後に土佐堀川へ排水することで、関電ビルディングだけでなく、大阪中之島美術館をはじめとする中之島地区の他の建物・施設への地域熱供給を行っています。(地域熱供給事業者:(株)関電エネルギーソリューション)
さらに、電力負荷平準化を図るためビル地下躯体を利用した大規模蓄熱システム、変電所排熱利用などを行うことで、高い省エネルギー性を実現しています。

関電ビルディング(大阪市北区)
関電ビルディング
河川取水管

河川取水管

スクリューヒートポンプ

スクリューヒートポンプ

河川水熱交換器

河川水熱交換器

関西電力グループの再生可能エネルギーの導入状況および開発計画

  • 「関西電力グループは、ゼロカーボンエネルギーのリーディングカンパニーとして、2040年までに国内で1兆円規模の投資を行い、500万kW規模を新規開発(2019年3月比)累計開発量900万kW規模を目指すこととしており、今後も引き続き地域の皆様方のご理解を賜りながら再生可能エネルギーの普及・拡大に貢献していきます。
  • 国内における再エネ電源の設備容量:取組中案件を含め約383.4万kW(2022年2月25日時点)
案件紹介

運転開始(竣工済)案件:約356.0万kW、取組中案件:約27.4万kW、合計:約383.4万kW(2022年2月25日時点)

太陽光
堺太陽光発電所

堺太陽光発電所

運転開始済み電源規模 約9.9万kW
主な運転開始済み案件
  • 堺太陽光発電所
  • 雫石太陽光発電所 他
取組中案件 播州メガソーラー発電所
風力
淡路風力発電所

淡路風力発電所

運転開始済み電源規模 約1.8万kW
主な運転開始済み案件
  • 淡路風力発電所
  • 田原4区風力発電所
取組中案件
  • 秋田県秋田港能代港洋上風力
  • 長崎県五島市沖 他
バイオマス
朝来バイオマス発電所

朝来バイオマス発電所

運転開始済み電源規模 約8.1万
主な運転開始済み案件
  • 朝来バイオマス発電所
  • 福岡県苅田町バイオマス
取組中案件 福島県いわき市バイオマス 他
水力
長殿発電所

長殿発電所

運転開始済み電源規模 約336.4万kW
主な運転開始済み案件
  • 長殿発電所(設備改良) 他
取組中案件
  • 新坂上発電所
  • 新打保発電所(仮称) 他

ゼロカーボンの選択肢を社会に

「オール電化」物件の継続供給

  • ゼロカーボンを可能にする「オール電化」

    • 住まいやオフィスが「オール電化」であれば、脱炭素化された電源の採用により、ゼロカーボンが可能になります。
    • 経済産業省資源エネルギー庁「第6次エネルギー基本計画(2021年10月)」においても、「2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、電化の促進、電源の脱炭素化が鍵となる…」と記載されています。
  • 当社の取組み

    • 当社はこれまでもこれからも、「オール電化」物件を供給していきます。
    • EVへの対応を推進します。
    • 2020年度末時点の保有賃貸物件の約93%が「オール電化」です。

      ※「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」における届出対象物件を対象とし、エネルギー使用量割合で算出しています。

    • オフィスビルや商業施設などでは、再エネECOプラン等のCO2フリー電気を積極的に導入します。

      ※再エネECOプラン:関西電力㈱が提供する実質的に再生可能エネルギー由来のCO2フリー電気を使うことができるプランです。

住まいのゼロカーボン化
オール電化が可能にするマンションまるごとCO2ゼロ

※一部のオーナーさまのみがゼロカーボン電気を選択された際は、当該オーナーさまの利用部分のみがCO2ゼロになります

住まいのゼロカーボン化
オール電化物件 マンション
シエリア京都二条

EV充電器(イメージ)

EV充電器

シエリア京都二条(京都市中京区)

オール電化に加え、EV充電器を備えます。

オール電化物件 オフィス
関電不動産神戸三宮ビル

関電不動産神戸三宮ビル(神戸市中央区)

オール電化に加え、ビルで利用する全電力に
再エネECOプランを導入しています。

先進的なゼロカーボンタウンの創出

関西電力グループソリューションの活用により、先進的なゼロカーボンタウンを創出します。

オール電化、デマンド抑制、再エネ発電、V2X、等の採用によりゼロカーボンタウンを実現します。

明石スマートタウンの事例

電力エネルギーをマネジメントする、最新鋭ネットワークシステムを導入しています。
省エネ+創エネ+オール電化により、将来のゼロカーボンタウンが可能になります。

※ゼロカーボンタウンの実現には、電源の脱炭素化が必要になります。

明石スマートタウン

その他 ゼロカーボンへの取組み

外部環境認証の取得を積極的に推進

BELSやDBJ Green Building認証など、各種外部環境認証の取得を積極的に推進します。

BELSとは

一般社団法人住宅性能評価・表示協会が実施する「設計時点でのエネルギー性能」を評価する認証制度です。
(評価ランク:☆ - ☆☆☆☆☆)

取得事例
BELS最高ランク/ZEB Ready
BELS最高ランク/
ZEB Ready
オプテージビル

オプテージビル(大阪市中央区)

BELS最高ランク/ZEB Ready
BELS最高ランク/
ZEB Ready
関電不動産伏見ビル

関電不動産伏見ビル(名古屋市中区)

BELS最高ランク/ZEB Ready
BELS最高ランク/
ZEB Ready
関電不動産八重洲ビル

関電不動産八重洲ビル(東京都中央区)

BELS最高ランク/ZEH-M Oriented
BELS最高ランク/
ZEH-M Oriented
シエリアタワー大阪堀江

シエリアタワー大阪堀江(大阪市西区)

※本表示は「住棟全体」の評価であり、「各住戸」の性能を担保するものではありません。又、本物件の仕様変更等により、竣工時における住棟全体の評価値を保証するものではありません。

緑化の推進・植林や森林保全活動の実施

  • 「グリーンソリューション事業」を展開しており、グランドカバープランツの普及を通じ社会の緑化に取り組んでいます。

    ※グランドカバープランツ:地表を覆うように生育する植物の総称で、CO2吸収や緑化メンテナンスの低減等の効果が期待できるものです。

    • 管理が容易なグランドカバープランツは、道路、公園、建物周辺や屋上、壁面、アトリウムなど幅広い緑化ニーズに対応でき、都市のヒートアイランド現象の緩和や地球温暖化の改善に貢献しています。
    • 年間約20万m2(東京ドーム約4.3個分)の緑地を創出しています。
  • 新規に開発する物件において、屋上や壁面の緑化を推進します。
グランドカバープランツ 
施工事例
中之島四季の丘

中之島四季の丘(大阪市北区)

京都大学 桂キャンパス

京都大学 桂キャンパス(京都市西京区)

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多(福岡市博多区)

京都大学 桂キャンパス

東京駅丸の内駅前広場(東京都千代田区)

新築工場の
屋上緑化事例
住之江工場

住之江工場(大阪市住之江区)

新築マンションの
屋上緑化事例
シエリア秋葉原

シエリア秋葉原(東京都台東区)

自社で利用するエネルギーの脱炭素化

  • 2025年度までに自社利用事務所に再エネECOプラン等のCO2フリー電気を導入します。

    ※当社所有ビル以外である場合はオーナーさまとの調整になります。

    • 本社(大阪市北区)はCO2フリー電気導入ビルへの入居により利用電力の脱炭素化実現済みです。
  • 2025年度までにマンション販売センターに再エネECOプラン等のCO2フリー電気を導入することに加え、太陽光発電設備の設置を検討します。

    ※他社との共同事業など、一部の物件を除きます。

  • 2030年度までに社用車を電動化します。

    ※電動化:電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)、等にすることを表し、一部の車両を除きます。

環境マネジメント

環境への取組み

当社は、関西電力グループの一員として「関西電力グループ環境方針」に基づき環境問題への取組みの継続的な推進に努めています。

環境方針

関西電力グループは、「関西電力グループ行動憲章」において、環境とかかわりが深い事業者として、気候変動問題への取組みをはじめ、資源循環の促進や地域環境保全等、さまざまな環境問題に取り組むことの重要性を認識し、自らの事業活動に伴う環境負荷および環境リスクの低減に努めます。

関西電力グループは、中長期的にめざす環境管理の方向性を「関西電力グループ環境方針」として定めています。「関西電力グループ環境方針」では「気候変動への対応」はじめとする7つの取組みを掲げており、それぞれの取組みの推進に努めています。

関西電力グループ 環境方針
環境法令等の遵守
関西電力グループは、環境法令等を遵守します。
気候変動への対応
関西電力グループは、気候変動問題を経営上の重要課題として認識し、事業活動に伴うCO2排出を2050年までに全体としてゼロとするとともに、お客さまや社会のゼロカーボン化を目指す中で、温室効果ガスの排出削減に向け積極的に取組みます。また、気候変動の悪影響にあらかじめ備える適応に取り組みます。
資源循環の推進
関西電力グループは、天然資源が限りあるものであることを認識し、事業活動において天然資源の消費を抑制し、3R(Reduce、Reuse、Recycle)活動に積極的に取り組むとともに、資源循環に貢献する商品・サービスを提供することで、社会全体の資源循環に向けた取組みを推進します。
地域環境の保全
関西電力グループは、地域環境の保全を推進するために、事業活動において、環境汚染の予防を図るとともに、有害化学物質の厳正な管理および低減に取り組みます。
生物多様性の保全
関西電力グループは、生物多様性の重要性を認識し、事業活動に伴う影響を適切に把握・分析・評価し、生物多様性の保全に取り組みます。
環境コミュニケーションの推進
関西電力グループは、環境意識啓発および環境情報の公開に積極的に取り組みます。
継続的な改善
関西電力グループは、環境パフォーマンスの向上に向けて、環境管理システムの継続的改善を図ります。

体制

当社は、関西電力グループの環境管理推進体制のもと原則年1回開催される「関西電力グループ環境管理委員会」で環境管理活動の推進に関する事項等について関西電力とコミュニケーションし連携を図っています。

関西電力グループの
環境管理推進体制

環境管理推進体制

オフィスの省エネ・省資源活動
(関西電力グループエコ・アクション)

当社は、事業活動において環境への配慮を積極的に実践するため、関西電力が実施している環境管理に関する具体的行動計画である「関西電力グループエコ・アクション」のオフィス活動の設定項目にグループ会社として参加し、省資源・省エネルギーに取組んでいます。

取組み実績

事務所電気使用量の削減

目標前年度比1%以上削減

事務所電気使用量の削減

生活用水使用量の削減

目標極力低減

生活用水使用量の削減

車両燃費の向上

目標極力向上

車両燃費の向上

コピー用紙使用量の削減

目標極力低減

コピー用紙使用量の削減

エネルギー使用量の削減

省エネルギーの合理化等に関する法律における努力目標であるエネルギー消費原単位の年平均1%以上低減の達成に向け、保有物件のエネルギー使用量の削減に努めています。

省エネルギーの合理化等に関する法律に基づく定期報告書の実績値

2020年度のエネルギー使用量は前年度比3.6%削減(原単位の5年度間平均は1.7%削減)

2019年度 2020年度
エネルギー使用量(原油換算値㎘) 22,066 21,281

「令和3年度 おおさか気候変動対策賞特別賞」の受賞

大阪府における当社の温室効果ガス削減実績や主な事業所(関電ビルディング)における省エネ対策などが評価され、「おおさか気候変動対策賞特別賞」を受賞しました。

※おおさか気候変動対策賞:気候変動対策又はヒートアイランド現象の緩和対策に関し、他の模範となる特に優れた取組みを行った事業者等を対象に、その功績をたたえるもの。

https://www.pref.osaka.lg.jp/chikyukankyo/jigyotoppage/kikouhendoutaisaku.html

表彰式における集合写真(当社:中央左から2番目)

温室効果ガス削減率(2020年度実績、2017年度比):9.3%(原単位ベース)

※「大阪府温暖化の防止等に関する条例」の対象物件における削減率

主な事業所(関電ビルディング)における省エネ対策の例
  • ピークカット、ピークシフト対策…夏季、冬季における建物蓄熱運転の実施
  • 室内温度の適正管理 …BEMSによる給気温度の設定
  • 外気導入量の適正管理… 空調機還気のCO2センサーにより制御
  • ポンプの流量管理… 送水住還差圧による回転数制御、熱源負荷流量による台数制御
  • 照明の運用…照度センサーによる調光制御、ブラインドのスケジュール制御
  • 太陽光発電の導入…屋上や各階バルコニー等に太陽電池モジュール設置
関電ビルディング

関電ビルディング(大阪市北区)

環境教育

当社は、環境問題への取組みを積極的に実践していく人材を育成するために環境教育を実施し、実務知識の習得や一人ひとりの環境意識の醸成を図っています。

取組み事例

省エネ施設見学

2019年 
八尾市民病院(大阪府八尾市)

八尾市民病院
八尾市民病院
八尾市民病院

2019年 
関西電力ソリューションセンター「So-No-Te」(大阪市淀川区)

関西電力ソリューションセンター
関西電力ソリューションセンター
関西電力ソリューションセンター
社外講師によるセミナーの開催
  • ESG研修
  • 建物環境認証について

環境対策報告書類の公表

当社は、各自治体の条例に基づき環境データを公表します。

地球温暖化対策報告書制度

東京都の「地球温暖化対策報告書制度」は、一定規模以上の事業所を対象に、CO2排出量や具体的な省エネルギー対策等の届出と公表を義務付けることで、事業活動に伴うCO2の排出抑制の推進を目的とするものです。

【参考】東京都環境局「地球温暖化対策報告書制度」https://www8.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/ondanka/index.html